加齢臭を抑えるポイント、脂っぽいものは避けよう

加齢臭を抑えるポイント、脂っぽいものは避けよう

加齢臭を抑えるポイント、脂っぽいものは避けよう

子供や奥さんに「お父さんの体、臭い」「臭いから近付かないで」などと言われ、ショックを受けている男性も多くいると思いますが、加齢臭というのは年齢を重ねると誰にでも出てくる体臭です。

 

 

加齢臭が嫌だからと言って香水やコロンなどをつける人もいています。確かに加齢臭と相性のいい香水やコロンというものがありますが、香水やコロンで誤魔化そうとすると逆に加齢臭に混ざってしまい、余計に変な臭いになってしまう場合があります。

 

加齢臭が発生する原因は、ノネナールという物質が年齢と共に多く発生します。このノネナールにタバコの臭いや口臭などが体臭に加わると加齢臭が強くなります。ノネナールは主に食生活や運動不足、ストレスが要因となり、発生します。なので、加齢臭を無くすためには生活習慣の改善が大事になります。

 

まずは加齢臭の対策として「運動不足の解消」です。汗をかけば汗臭がひどくなりますが、運動をしてかいた汗はいい汗というのはその通りで、運動不足や空調が効いた部屋での生活をしていると発汗の機会が減ってしまいます。発汗の機会が減ることにより皮膚にいる常在菌を増やすミネラル分を含んだ臭いのするべたべたと悪い汗をかいてしまいます。また、汗をかかないことによって汗腺に老廃物が溜まってしまい、発汗時に汗臭さを加速させてしまいます。なるべく、運動を適度にして汗をかいたり、空調に頼りすぎないようにして汗をかき、べたべたした悪い汗をかかないようにすることが加齢臭を予防する対策でもあります。

 

もうひとつは「食生活の改善」です。現代の日本の食生活は欧米化していますが、加齢臭対策するなら和食を食べるようにすると良いです。加齢臭を抑えるポイントとしてあげられるのが「酸化を抑える」ということです。一言で言うと「体に健康的な食材を食べる」ことです。野菜を中心に食生活をしていき、動物性の脂質を控えるようにします。脂っぽいものは臭いを強める可能性が高まるので、脂っぽいものは避けるようにし、ビタミンやカテキン、ポリフェノールなど酸化を抑えてくれる緑黄色野菜を中心に食生活をしていくと加齢臭は無くなっていきます。