制汗剤は目的に応じて使い分ける必要がある

制汗剤は目的に応じて使い分ける必要がある

制汗剤は目的に応じて使い分ける必要がある

汗は、運動や暑さなどで流れる汗と、精神的緊張などによる発汗があります。精神的緊張による手汗などは、抗不安薬を用いたり精神的緊張を解くことにより緩和されるので対処方法がある発汗と言えるでしょう。

 

また、「においの発生」という意味でも、あまり臭いと感じられない汗の出方だと思われます。

 

一方、運動や暑さなどによって汗腺から発生する汗は、「におう」ことがあります。特に、脇の下に多く存在しているアポクリン汗腺から流れる汗が強くにおってくる症状は「ワキガ」と呼ばれ、自身や周囲を悩ませる原因となるでしょう。アポクリン汗腺は、脇の下の他に、陰部や足の裏に多く存在しております(においが強いイメージのある箇所ですね)。といっても、汗そのものが臭うわけではありません。

 

 

汗の中に、皮脂やアンモニアといった、雑菌が繁殖する原因となる栄養分が含まれることにより発生するのです。「におい」は、雑菌の餌となるそれらの成分を、雑菌が分解した時に発生するもの。そういった点で考えれば、雑菌の栄養となる成分があまり含まれない汗を流せば、においが弱くなるとも言えるでしょう。実際に、運動などによって日頃から汗をよく流していると、「さらっ」とした良質な汗に変化していくと言われております。

 

しかし、やはりアポクリン汗腺から出る汗を、水分100%の状態にすることは難しいことだと思われます。そこで、においが強いと感じている人は、制汗剤を使用することを検討してみてもいいでしょう。制汗剤は、大きく分けて二つのタイプがあります。まず、汗腺を塞いで汗を止めるタイプ。汗腺を塞いで、一時的に汗が流れない状態にします。その作用が強い制汗剤は、結果としてにおいの発生を食い止めます。

 

 

また、殺菌効果を全面に出している制汗剤もあります。においは、汗に含まれる栄養分を雑菌が分解することによって発生するので、そこで増殖する菌を殺せば臭わなくなるのです。このタイプは、運動が終わった後に使用すると効果的でしょう。制汗剤は、予めその商品の効果を知っておき、目的に応じて使い分ける必要がありそうです。